学費に関する両者の違い

the students doing group exercise

大手予備校か医学部専門予備校か、どちらを選ぶかに関して、その両方の特徴をあげてみました。
どちらの予備校を選ぶかに関してもうひとつ、非常に重要なポイントから比較してみたいと思います。
それが通うにあたっての学費です。
おそらく大半の家庭では子供の受験合格を願って、親が学費を支払うケースが多いかと思います。
となると、学費によっては家庭の生活にも大きく響いてきますよね。
単純な金額の比較ではなく、将来的な意味でもどちらがオススメなのか見ていきましょう。

まず基本的な情報として大手予備校の学費は100万円ほどですが、医学部専門予備校の学費となるとその額は500万円前後と一気に跳ね上がります。
100万円でも充分すぎるほどの大金ですが、専門予備校ではそれを軽く越える金額が必要なのです。
大手予備校の学費がここまで抑えることができるのは、やはりその在籍している受験生の人数と経営力の高さからでしょう。
医学部専門予備校は少人数制だからこそできる手厚いサポートと、医学部合格だけに特化した設備やカリキュラムがあるとはいえ、それでも非常に高いです。

しかしこれを高いのか安いのか、どう捉えるかは本人次第です。
専門予備校では何度も言いますが、それに見合った個人への手厚いサポートが充実しています。
予備校が所有している医学部に関するデータも膨大でその質も高いことでしょう。
受験生が快適に生活、そして勉強できる設備も充分すぎるほどに揃っています。
受験生本人のやる気と努力次第では充分に早期合格が可能な環境は整っています。
専門予備校では特待生制度や月謝制度を採用しているところもあります。
そういった制度を使えば学費の負担を減らすことはできるでしょう。
一方で大手予備校の場合、いくら安くても何度も落ちてしまえばトータルの費用は高くなってしまいますよね。
もちろん大手予備校に関しても本人の意識次第ではあるのですが、専門予備校ほど個人をサポートする環境が整っていないのが少しネックになるかもしれません。

大手予備校はその有名さと規模の大きさから注目されがちですが、医学部合格を本気で目標とするのであれば専門予備校も充分に選択肢に入ることでしょう。
将来を決める重要な分岐点にもなりかねないので、慎重に選ぶことをオススメします。